高い利回りを得るためのマンション投資について

資産運用や老後の資産づくりのためにマンション投資を考える人が増えてきています。マンション投資を考える際に一番重要なのが利回りです。利回りとは、年間収益の割合の事をさします。具体的には、入室している部屋の家賃の合計×12ヶ月をすると年間の収入が出ます。年間収入をマンションの購入費、または建設費で割った数字に100をかけると年間利回りを計算する事が出来ます。空室であれば利回りは当然さがるので、常に満室になるような家賃設定、マンション立地、外装・設備、メンテナンスの為の管理が整っている事が大切になります。収益を得られなければ。投資マンションの管理が行き届かず、修繕費もなかなか行う事が出来なくなりマンションの寿命を短くしてしまう可能性もあります。そうなると空室が目立つようになり、収益も得られなくあり悪循環が止まらなくなってしまいます。

マンション投資を失敗させない為に、しっかりとしたマンション選び・建設が必要です。不動産業者へ投資マンション探しに来る方は年々増えていますが、不動産の購入時に組む住宅ローンではどんなことを審査されますか?という質問をよく耳にします。審査とは、その人が融資を受けるにふさわしい人物であるかについて、年収、勤続年数、勤務先、過去の借入状況、家族の借入状況、抵当権の有無などを提出書類や金融機関ののデータを元に調査します。また、当該物件についても築年数や構造、立地と将来性について調査したうえで希望の借入金額に値する物件であるかについて審査を行います。審査に通れば融資可能となり物件購入が可能となります。

マンション投資で高い利回りを得るには物件の魅力を上げる事が大事です。ターゲットを絞って設備を充実させると無駄な設備投資が減り賃貸物件としての質が上がります。オートロック、宅配ボックス、バス・トイレ別、充実した収納、システムキッチン、インターネット環境、管理人常駐などが挙げられますが、ターゲットを絞る事で必要な設備・サービスを選択することができ、結果、設備が充実していても相場の家賃とする事が出来るでしょう。空室率が下がれば利回りはあがりるので修繕積立金や返済に充てる事ができます。計画的な資産運用が可能となり投資としては成功といえるものになるでしょう。