二つの利益をもたらすマンション投資のメリット

マンション投資には二つの利益をもたらしてくれるメリットがあります。一つはマンションを購入して賃貸経営することによる家賃収入であり、入居者がいる限りは毎月必ず家賃を徴収することができるのが魅力です。数万円から十数万円という単位で一部屋から徴収できるので、区分マンションを購入するだけでも毎月の生活費に困ることはなくなるでしょう。一棟マンションを購入すればその数十倍の利益を得られることになるため、それだけで生活できる程度の収入を得られるようになることも珍しくありません。もう一つはマンションそのものを資産として手に入れられることです。マンション投資を行うときには全額を自己資金から供出するのは難しいことが多く、ローンを組んでマンションを購入するのが一般的になっています。その返済は家賃収入の一部を使用して行うという形を取り、ローンを完済することでそのマンションを自分の所有物にすることが可能です。十年以上もかかることはあるものの、手に入れた時点で懐に入る家賃収入が増えることに加えて、マンション自体を売ることもできるようになります。いざというときに大きな資金を手に入れるために使える資産が手に入るのはマンション投資のメリットです。この他にも減価償却費が発生することによって損益通算を行えば所得税を軽減できる可能性があったり、相続の際に税額を軽減できる可能性もあったりするので利益を見ると大きいのがマンション投資の魅力でしょう。資産形成の方法としては長期的なものになりますが、高い確率で大きな資産を生み出すことができる方法です。

このようにメリットの多いマンション投資ですが、マンション選びに失敗してしまうと大損をするリスクもあります。特に致命傷となるのは投資のために購入したにもかかわらず、すぐに借り手がつかないような状況になるばかりか老朽化が進んでいて建て替えをしなければならなくなるようなケースです。しっかりと点検を行った上でマンションを購入することが欠かせません。引き渡し前のトラブル予防策!「まもりすまい既存住宅保険」とは?を参考にして点検と保証を準備しておくと安心してマンション投資を行えます。万が一のリスクを考えておくことは投資を行う上で重要な視点です。