マンション投資に必要な頭金をなくす方法

マンション投資の基本的な構造は、不動産投資ローンを組んでマンションを購入し、賃貸経営をして家賃による収入を得ることでローンを返済していくというものです。そして、ローンの返済が終わるとそのマンションが自己資産として利用できるようになります。このような形で資産形成をする方法であるため、マンション投資を行うためには最初にある程度の自己資金を準備しなければなりません。不動産投資ローンを組むときには全額ローンという方法もありますが、通常は頭金を用意することになります。典型的には10%から20%程度を用意してマンション投資に臨むという方法です。頭金の他にもローン手数料や仲介手数料などの諸費用が発生することも考慮して予算を確保しておく必要があります。

しかし、マンション投資は頭金がなくても行うことはできます。不動産投資ローンをフルローンで申請して通れば良いというのが最も単純な考え方であり、自分の他の仕事からの収入や想定される家賃収入から考えて余裕のある返済計画を立てると頭金なしで購入できることも稀ではありません。また、マイホームのつもりで購入したマンションを賃貸経営することもできます。一方、相続によって親からマンションを手に入れて賃貸経営をすることも可能でしょう。自己資金があまりないというときであってもマンション投資を行うことはできるのです。

ただし、相続した不動産で年間30万円の出費!損する物件は早めに売ったほうがいい?というデータもあるので注意が必要です。手に入れたマンションによっては黒字経営にするのが不可能な場合もあります。特に相続や贈与などで手に入れられるときにはただでマンションが資産になるので賃貸経営で安定した収入を得たいと考えてしまいがちです。ローンの返済も必要ないことからそれほど高い入居率にならなくても良いだろうと安易に考えてしまうでしょう。しかし、入居者がほぼゼロになってしまった状況が続くと維持費にばかり費用がかかってしまって赤字経営になります。マンション投資の頭金をなくすという発想は重要になる場合もありますが、安易に簡単に手に入る物件で資産形成を行おうとしても失敗してしまうリスクがあるので慎重にマンションを選ぶ方が無難です。