マンション投資をする上で重要な物件の選定

資産運用として不動産投資を考える方も少なくありません。特に土地を持っている訳でも、相続税対策に困るほど資産を持っている訳でもない方でも、不動産投資をか投げる時代です。サラリーマンのような毎月の給与所得しかない方でも、マンション投資を始める方が少なくありません。これまでは不動産投資をするといえば、一棟丸ごとを運営する方式が多い物でしたが、最近では区分マンションに投資をする方が増えています。一棟丸ごと投資をするには資産が足りないけれども、不動産投資を始めたい方の入り口として、比較的手軽に始めることが出来る投資方法の一つです。まずは区分マンションから始めて、経営が軌道に乗ってくるようになれば、また1室、2室と部屋数を増やしていき、結果的に1棟、2棟と運営出来れば良いでしょう。最初から1棟経営するには知識も資金も必要になってきます。最初は1室から始めて不動産投資とはどういう投資であるのか勉強も兼ねて始めてみることをおすすめします。
まず、マンション投資で重要なことは物件の立地です。特に区分マンションの投資となると、その物件に入居者がいない状態が続けば、家賃収入が全くない状態が当然続くことになります。もちろん、中古マンションの1室を購入し、リノベーションをして転売することで、利益をあげる手法もありますが、立地が悪いマンションでは買い手を見つけることが難しいのが現実です。都心の一等地であれば、多少築年数が経っていたとしてもリノベーションをして外観を綺麗にすれば、入居者を見つける事に苦労をするケースは少ないでしょう。マンション投資においては、まず、物件の利便性が重要です。特に最初に区分マンションで投資をする対象はワンルームなどの投資資金が少なくても購入しやすい価格帯の物件にする場合は、単身者の入居者を想定されるケースが一般的でしょう。ファミリー層の場合は一度入居を決めると小学校や中学校などの転校を重ねることを避ける傾向にありますので、何年も住んでくれる可能性が高くなりますが、単身者の場合転勤や結婚などで引越しをされる入居者の方が多いことが想定されますので、誰が見ても魅力的な物件を選ぶことが重要になってきます。また、若い単身者の方を入居者としてターゲットにする場合は、特にトイレや台所などの水回りが新しい事を重要視される方が多いので、古い物件をリノベーションする際には水回りは特に重点的に新しくされると良いでしょう。