一部屋のマンション投資で押さえておきたいポイント

マンション投資には、大きく、物件を購入して行う方法と、リート等の不動産ファンドを利用して行う方法の2つがあります。従来から広く知られている方法は物件購入があり、この場合、一棟まるごと購入するケースと一部屋を購入して投資をするケースがあります。

マンション投資は、現在、低金利であること、首都圏を中心として高いニーズがあることから利用されることも多く、中でも一部屋を購入して行うケースが多く見受けられます。いわゆるワンルームのデザイナーズマンション投資がこれに該当し、経済紙を中心として様々な物件が掲載されています。ワンルームのデザイナーズマンションの場合は初期投資が抑えられることや、比較的容易に借入ができることから選ばれるケースも多く、なによりも預金などに比べて高い利回りを追及することができます。一方、物件によっては損失を被る場合もあり、事前情報も含め、収支等、十分に準備をした上で判断をすることが求められます。

一部屋投資における不動産売却時に起きやすいトラブルとその対処法とは
賃貸に出回るワンルームのデザイナーズマンション投資には中古物件で行われるケースと、新築物件で行われるケースがあり、まず、保有中に置きやすいトラブルとしては、利回りの低下、賃料未払い、入居者による不適切な使用状態などがあります。売却時に置きやすいトラブルとしては、何といっても売るに売れないことがあり、特に中古物件の場合にはその傾向が強くなります。まず、マンション投資の場合には保有期間における収益と売却による収益を加え、ここでの金額が投資額よりも上回れば成功となります。長期借入をして購入をした場合などでは売却タイミングが収支の分けれ目となり、物件や立地などによっては逆ザヤとなる可能性が大きくなります。売却時を逃す理由としては、ここでの収支があり、少しでも収支をプラスにした投資出口を求めることが関係しています。また、売却額によっては借入が残ってしまうこともトラブルの1つになります。対処法としては、できるだけ早い時期から出口戦略を考えておくことがあり、保有物件の現在価値、ニーズ等に関して不動産会社からの情報を入手しておくことがあります。保有物件に関しては借入に際し金融機関からの抵当権設定が行われているために売却時には外す必要があり、迅速に行うためにも金融機関との調整を行っておくことも重要な対処法となります。