マンション投資で起こりうるデメリット

今後日本の年金は増えることはとても考えられない状態にあります。少子高齢化が進み、年金の受給開始年齢も引き上げられる可能性がある上に、消費税の増税も今後予定されており、老後の生活に不安を覚える方は少なくありません。また、その上に生活費の上昇につながる物価の上昇も起こりうるリスクとして考えられますので、老後の事も考えて給与所得以外にも収入を確保したい方、また年金以外にも収入を得たい方は不動産投資に関心があることでしょう。特にマンション投資は1室から始められる不動産投資ですので、始めやすい投資の一つと言えます。しかし、投資にはメリットもあれば必ずデメリットも存在します。良い点ばかりではないことを認識して投資をしなければ、不測の事態が発生した場合にこんなはずではなかったと後悔することにもなり兼ねません。知識を蓄えた上で、投資をするかどうか判断するようにしましょう。まず、マンション投資で最大のデメリットとなり得るのが空き室リスクです。せっかく多額のお金を投資しても、入居者を見つけることが出来なければ賃貸収入を1円も得ることが出来ません。もしも賃貸収入を当てにしてローンを組んでいる場合、ローンの返済に四苦八苦することになってしまいます。デメリットを解消する為には、入居者を見つける事を得意とする不動産会社に賃貸管理契約を結ぶことが重要になってきます。特に店舗数の多い不動産会社になると全国ネットワークで顧客を探してくれますので、東京の場合、状況を考えている学生や社会人の方が地方の支店でお部屋を探しても、東京の物件を紹介してくれるネットワークがありますので、デメリットを打ち消す販売網を持っている不動産会社を選定するのは重要なポイントになってきます。また、マンション投資は基本的に長期投資になりますので、辞めたいと思われても急に止めることが難しいこともデメリットになってきます。株投資などですと、辞めたい場合は持っている株を全て売却をすれば良いのですが、不動産の場合流動性が株よりも高くないので、売却をするにも時間がかかります。時間がかかるという面では短期間で利益を上げたい投資家にとっては不利になってくるでしょう。ただし、この点においても投資家の投資スタイルによって考え方は変わってきますので、自分が短期投資が向いているのか、長期投資が向いているのか自己分析を的確に行っておくことが重要になってきます。